FC2ブログ

日常cha飯事

ウサギのよしくんとの日常を・・・

しょうがないなー

Category: 日記  
薪を割ってると

最近 この子が催促しにきます。。。

面倒くさいけど、   

ひと手間かけて



鉄砲虫の幼虫
DSC_5997.jpg

おなかいっぱいー  
DSC_6006.jpg

もう食べれん

でも食べたい・・・
DSC_5991.jpg

DSC_5949.jpg
スポンサーサイト

Comments

 
鉄砲虫の幼虫、結構いますね〜
小鳥さんおなかまんまる!!
よしくんも牧草でおなかまんまるになってるのかな(^^)
 
あ、ジョウビタキですよね!かわいい~。
リッチな森のレストランですね^^

うちも昔はメスが来て、毎朝ベランダで水浴びしてました。
でもP-2がベランダ散歩するようになって、来なくなっちゃった、、、。
昨今は庭でウロウロ、車のサイドミラーに移った自分を攻撃したりしてますよん。
 
*ramさん
この幼虫 1年乾燥させた薪の皮から出てきたやつらです。 1コの薪から5~6匹でてくるんですよ!
で、この鉄砲虫のおかげで木が枯れて倒れる・・・
薪小屋の前に行くと 鉄砲虫が木を食べてる音がハッキリとわかるくらいだからすごい量ですよね^^;
この小鳥さん ほんとマルマルで、お腹いっぱいで 食べれなくて でも欲しいから しばらくこの辺りをうろうろしてて かわいいですよ^^
 
*Yukkoさん
お さすが! よくわかりますね~  そうです。このジョウビタキは僕の彼女といわれてます*^^* 他にもシジュウカラとかヤマガラ メジロ、カワラヒワなどなど 色んなのが来るので野鳥図鑑片手に 観察しています。

ただ よくガラスに激突して失神するこが頻発してたのでかわいそうでした。。。
今は 松ぼっくりで作ったカーテンを付けたらぶつからなくなったのでホッとしてますが、何かいい方法ないかなぁ~
 
ガラスに激突するのは、ジョウビタキでしょうか?
ジョウビタキは縄張り意識が強いので、ガラスに映った自分の姿を侵入者と勘違いして攻撃のつもりが激突。その他の小鳥の場合は、透明ガラスが理解不能で激突?
原因がわかると対策もたてられそうなのですが、、、。

ガラスに姿が映らないようにするとか、ガラスの存在をアピールするとか、そういう工夫をしたらいいわけですよね。
なんか勘違いしていたらごめんなさいねー^^;
 
*Yukkoさん
ありがとうございます^^
たしかジョウビダキだったような・・・ 縄張り意識が強いんだ~ なるほど・・・
外からガラスを見ると 周りの木々が写って それで激突してしまうのかなとも思ってました。
今は ほとんどの窓に紐をつるして松ぼっくりを15cm間隔くらいに縛って カーテンの様に垂らしています。
それでも、出入りする扉だけはカーテンできないので そこによく激突します><
ただ 最近は当たっても 脳振とう起こすことも無くすぐ飛んでいってしまうのでまだいいんですが・・・
もうちょっと 対策を考えて見ますね!
ありがとうございました!
 
追加です。もちろん透明ガラスが理解不能で激突。もしくは窓に映った風景を本物と誤解して激突。の場合もあると思います。人間だってたまに勘違いしますものね。

野鳥は目視だけでなく地磁気も利用して飛ぶらしいので、強力な磁石を窓に置くとか。いかにも獰猛そうなカラスの模造品をつるすとか。(以前野鳥誌で読んだ対策)

参考になるといいのですが。

窓にぶつかったらかわいそうだけど、カラスの置物に驚いてまったく近づいてくれないと、それはそれでさびしかったりして(わがまま^^;
 
*Yukkoさん
ありがとうございます!

僕も前に色々調べて、鷹とか鷲のステッカーみたいなのを窓に貼るとかあったけど、カラスの置物もそれはそれで近づいてくれないのもねぇ~~~^^;

強力な磁石はいいかも! 今のところぶつかる窓は 松ぼっくりカーテンのないところだけなので ここにもカーテン付けるのも・・・

また、有力な情報ありましたら宜しくお願いしますね!!!

« »

04 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
1日1回 ぜひ!
クリックで救える命がある。
好太郎はいくつじゃ~?
プロフィール

よしぼうず

Author:よしぼうず
1月11日生 山羊座 ♂
趣味 音楽 筋トレ スキー ビリヤード 空手
好きな場所 カナダ
好きな食べ物 カレー たい焼き チョコレート
宝物 よしくん まるこ

星が見える名言集100
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
http://www.usagi-o-sukue.org/
ブログ内検索